junkbenly

junkbenly


神戸にあるカワサキバイクワールドに行って来ました。

中はバイクに関する事だけではなく、川崎重工の成り立ちから詳しく説明されています。

しかしながら、川崎重工は世間の大多数の人にはバイクメーカーと思われてますんで、バイク展示がかなりの割合を占めてます。
あぁ山下さん渋すぎる…。

真っ先に出迎えてくれるバイクはH2R。
そらそうだわ。川崎重工のトンデモ発想が詰まったバイクですもの。いまの川崎重工の技術力の結晶ですから、真っ先に見せますわな。

次に出てくるのはkawasaki900rs.って言うのが正式名称なんでしょうか。Z1です。
こちらも当時のトンデモバイク。

ほとんどのバイクの床が鏡になっており、クランクケースやマフラーの取り回しを見る事ができます。

こちらは中野真矢さんのgpマシン。
いまのGPマシンと比べると少し古く感じますね

こちらは1982年のKR500。
なんのレースに出ていたのか分かりませんがヤバイです

まずエンジン
なんて言えばいいんだ。田4気筒?
吸気の機構もすごいです.

そした叩きまくりのタンク。渋いです。

旧H2Rもありました。

凄いサスの構造してます。

8耐優勝マシンの伊藤ハムも有ります


展示以外にもシミュレータ?みたいなものや、
新幹線の輪切りに乗れたりなどアクティビティも有ります。


入館料は大人600円。
海洋博物館と併設されているのでカワサキバイクワールドだけ見る事はできません
海洋博物館は恐ろしくつまらないので海洋博物館代返せといいたくなりますが、カワサキバイクワールドだけで600円の価値はありますので
是非皆さまも神戸に行かれた際はカワサキバイクワールドによってみてはいかがでしょうか
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply